2018/04/19

日めくり












昨年の10月ぐらいから、日めくりカレンダーを黙々と描いている。
売れなければ、あまり収入にはならず、厳しい状況ではあるのだが、それでも、描いているといはそれなりに喜んでいる自分に気づく時があり、一人、アトリエではにかんだりしている。
本人はそれでいいのだが、家族は結局、幸せには程遠い生活を強いている。

少しは売れてくれないなあ…!

2018/03/23

コンペ

独白 コンペ

仕事がほとんどない状態が続いているので、
クラウドなどのコンペに参加したりしてみた。

コンペティション。この仕事をしている限り
避けられないものだが、正直に告白すると苦手である。

仕事の上では、大抵デザイナーさんがおられるので、
直接、結果を直視しなくてもよいのだが、クラウドなどは
もろに結果が分かる。

クライアントさんの好みというのもあるだろうし、少しは
この業界で仕事をしていたのだから、使い物にならない
訳ではないだろう、とは思いつつ、不可が増えてくると、
だんだんに凹んでいる自分に気づいたりする。

もう、イラストの世界はコミック、アニメが主流、俺の絵は古いんだ。
もう、俺の絵は使い道がないんだ。

しかも、クラウドでのイラスト、場合にもよるけれど総じて安価だ。
コンペを通過しても「この値段では食えない」というものが多い。

コンペ。
参加しないいことにはクライアントさんと繋がらない。
参加するためには描かなければならない。
でも、参加し、アウトになれば、その作品は使えないし、
心の中には「ダメな自分」のレッテルが増えていく。

この年になっても「コンペ」は嫌いである。

2018/03/08

嬉しかったこと

 ちょっと恥ずかしいがちょっと嬉しかったので、あまり、人の見ていないであろうここでつぶやいておく。

 長年使っていたマックが突然ご臨終にて、HPの更新ができなくなる。
 勿論、ウィンの方にもDWはあるのだが、マックが全く動かず、元データをダウンロードするのも一苦労。やっとのことで開いたのだが、新しいDWで開くと「拡張子が無い」と駄々をこね、コードしか見せてくれない。
 私としてはこの辺が限界、とかつて学校でデッサンやイラレなどを教えていた学生に助けを求めた。彼は絵も上手だったが、ウェブ系にも勿論強く、そちらの方に就職したらしい。
 忙しいさなか、すぐに反応してくれ説明をくれるが、…リンクしていたり表示しているようでしたら一旦その部分だけテキストエディタでソースコードから削除して…あたりでもう、ちんぷんかんぷん。ごめん、ちょっとわからない、と言い出すと「ちょっと待って」と解析ツールを使って保存したデータを送ってくれた。そいつで開くと、開通!
 その後も、新しいDWにもたもたする私に丁寧に説明をくれ、「良かったです」と仕事に戻っていった。
 まさに「おうた子に教えられ」どころか「おうた子に助けられ」た。
 自分でできる限界がすぐに来たのにはがっかりで恥ずかしくもあったが、かつての教え子が立派に仕事をしている姿に、嬉しさを隠せない自分も確かにいたのである。

2017/11/05

久しぶりのコマーシャルです。

詩歌、絵が毎日変わる!
毎月販売のちょっと贅沢なカレンダーです。
まずは2,017・12月を!!
毎日を少し豊かにしてみませんか?

各月 定価¥600(税込み)
(送料¥200 ※2セット以上は送料無料)

年間定期購読 ¥6000(送料無料)

ご注文は

お名前
ご住所
お電話番号(携帯可)
メールアドレス(あれば)
ご注文部数


ハガキ 530-0037 大阪市北区松ヶ枝町6-12 西栄ビル2F
メール hunhun@cardandmedia.co.jp
FAX   06-6353-1393
のいずれかで

H・U・N企画 一葉彩日(K)係まで。

2017/08/09

昨年11月に話が出て、企画の段階で色々と企画が深くなっていき、大変ではあったけれど、面白かったお仕事でした。
イラストの最終が5月。デザイナーさんもきつかっただろうと思います。

2017/07/28

ハッハようじ

三角爪楊枝のパッケージデザインをイラスト込みで作りました。
昔と違い、色もデザインも確認しながら作れるので、本当に面白いです。

こんなお仕事もお待ちしています。

2017/06/09

少し前の、まだラフ段階での貧乏神。

色々描いて、編集さんと「こんなの? あんなの?」と言っている時って、楽しいんですよ。

今思うと、随分、お金持ちそうな貧乏神!?

本は登龍館の月刊絵本『貧乏神と福の神」です。